配合成分をみていますか?

化粧品の美肌成分) 化粧品の容器には、必ず配合成分が表示されています。 なんとなく、選ばずに、成分を確認して選ぶようにすれば、だんだん化粧品選びが上手になるはずです。
保湿成分 ひとことで「保湿」といっても水分維持のしかたはさまざまです。
乾燥が気になる人には、セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC導入型の美容液などが効果的です。
水分をはさみ込んでサンドイッチ状の構造をつ くる性質があり、肌の角質層に水分を閉じ込め、持続的に保ちます。
またビタミンC導入型の美容液を選ぶと肌にうるおいをもたらしてくれるのでオススメします。

 

■スフィンゴ脂質
セラミド以外の角質細胞間脂質をこう呼びます。セラミドに近い成分で、人の肌になじみやすいのですが、保湿力はセラミ ドのほうが勝ります。

 

■レシチン
大豆からとれる成分で、セラミドと同じようにサンドイッチ状の構造をつくる性質があります。原価の高いセラミドに比べ 安価ですが、保湿力はセラミドより若干劣ります。
水分を多く含んで逃さない保湿成分
水分をたくさん抱え込んで維持する性質をもつ成分です。

 

■ヒアルロン酸 皮膚の真皮にもあるゼリー状の物質で、保湿力が高く、乾燥した空気の中でも水分を逃さない性質があります。質量にして 約200~600倍の水分を蓄える力があるといわれています。
コラーゲンと同様に、真皮にある繊維状の成分ですが、化粧品に配合されているのは、表皮の保湿力を保つためのもので す。

 

■コラーゲン 皮膚の真皮にあり、肌の弾力を保つ働きをもつ繊維状の成分ですが、化粧品に配合されているのは、表皮の保湿力を保つた めのものです。真皮までは浸透しません。

 

■ヘパリン類似物質 血液中にあるヘパリンという成分に水分含有力があることがわかり、類似の成分を保湿成分として応用するようになったも のです。医療の分野でも保湿剤として使われています。
吸湿力のある保湿成分 水分を吸収して結合する性質をもちますが、湿度が低いと保湿力が低下してしまうのが難点です。

 

■天然保湿因子(NMF)
角質細胞内にある保湿成分です。アミノ酸、尿素、ピロリドンカルボン酸などいろいろな種類があり、保湿力はあまり強く ありませんが、サラッとした使用感で肌になじみやすいのが特徴。化粧水に配合されることが多くあります。

 

■PG(プロピレングリコール)
グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール) アルコールの一種で、吸湿力があります。さまざまな化粧品に配合されていますが、保湿力はそれほど高くありません。